BOXOUT-31’s

S&Cコーチ 柔道整復師

ダイナミックストレッチ?スタティックストレッチ?

f:id:boxout_31:20200624012042j:image

動的ストレッチ?静的ストレッチ!

フィットネスブームの中で

皆さんどんなトレーニングをされてますか〜?

 


運動公園でウォーキングだったり

はたまたランニングだったり、

 


ジムへ通って筋トレをしたり

最近ではWEBサービスを使って

オンライントレーニングをしてみたり。

 


色んな形でトレーニングが出来る時代です。

 


しかし、色々な情報が出回っています。

正直何が正しいの!?って感じですが

レーニングに正解はありません。

 


ただ色んな疑問も浮かんでくると思います。

皆さんストレッチと言うと、

ゆ〜っくり伸ばして、呼吸を止めない〜とか、

意識していますよね?

 


でもスポーツ中継とかをみていると

試合ギリギリの選手たちに

そんなストレッチをしている人はいませんよね?

 


ってかそもそもあれはウォーキングアップと

認識されている場合が多いですよね?

実はあれもストレッチなんですよーって話。

 


ダイナミックストレッチ

所謂動的ストレッチにあたります。

ここ数年でこれも常識として

当たり前になってきました。

 


試合前には伸ばしたらダメだ!

なんて言われた時にいや怪我するでしょ!

って思われたのが3,4年前ですが

今はこれが普通になってます。

 


これはどう言う理由なのか

簡単に説明致します。

 


筋肉と言うより関節を取り巻く筋肉や靭帯を

動かしてあげる事でその筋肉等に

しっかり血液が送られて酸素、栄養素がまわり

機能的にいい状態になります。

瞬発力が上がりパフォーマンス向上、

関節に取り巻く組織が収縮しやすくなり

怪我の防止にもなります。

 


逆に試合前に伸ばす事を中心に行うと

筋肉が伸ばされてしまい、休んだ状態になります。

 


スタティックストレッチ

所謂静的ストレッチ。

これが皆さんが日頃行っているストレッチです。

 


筋肉を伸ばしてあげる事で

身体の老廃物などが流れ

疲労回復に繋がります。

 


例えば、

朝起きてしっかり顔洗って

しっかり朝ご飯を食べたら

もう準備オッケーです!って感じですよね?

 


これはストレッチで言うところの

ダイナミックストレッチの効果になります。

 


しかし寝坊して急に起きて

急に行ってきます!この場合は

準備が出来ておらず

慌てて飛び出しても身体痛いし

頭働かないしってなりますよね?

 


またこの状態を休む=ストレッチと換えると

静的ストレッチの状態にあたります。

 


なので運動前はしっかり動かす事が

重要になってきます。

 


運動前に静的ストレッチを行うと

筋肉が起きていない為、

パフォーマンスが低下してしまいます。

 


ただし、運動あとは必ず静的ストレッチを行い、

老廃物を流し疲労回復に努めます。

また美容効果も得られます。

 


ダイナミックストレッチは

リハビリにも関係していきます。

 


慢性の肩こりや腰痛などには

やはり動かす事が重要です。

 


炎症が起きていない場合、

しっかり関節にダイナミックストレッチを行い

機能的にいい状態になる事で症状改善に繋がります。

 

 

まとめ

要するに、運動前はダイナミックストレッチ

運動後はスタティックストレッチを行います。

この二つはさらにいくつかに分かれますが

割愛致します。

 

明日の運動からチャレンジしてみて下さい。

 

 

 

運動の大切さ

 

 

「運動は大事」「運動不足だ」

なんて言いますよね??

 

ただなんで大事なのか

わかっている人は少ないと思います。

 

毎日ウォーキングしてるよ!

毎日筋トレしてるよ!

それは何のために行っていますか?

ただ健康増進の為、ダイエットの為。

 

ただ運動への意識が高まるのは

何か病気になってしまったり

怪我をしてしまったりなど、

何か起きた時にしか気づきません。

 

もちろん何年も運動を継続している人もいます。

毎日何十キロも走っていたり

毎日筋トレを行なっていたり

そんな方々は年齢に対して凄く若々しく、

何よりも元気です。

 

今日はなんで運動って大切なの!?

を軽〜くお話しさせて頂きます。

 

f:id:boxout_31:20200621214636j:image

 

まずそもそも、人間の死亡原因って

何が多いとか思いますか??

 

それはガン、脳卒中、心臓病など

いわゆる生活習慣病です。

 

それら生活習慣病って何が大きく

関わっているのかと言うと

"循環系"です。

 

運動をするとどうなるのか?

運動をすると心拍数が上がります。

心臓が活発的に動き、全身に血液を送り、また老廃物を回収する動きが出来ます。

全身に血液がしっかり送り込まれると酸素がしっかりと内臓へ送り込ます。

酸素やその他栄養素が各内臓諸機関に送りこまれると、内蔵は活性化し、機能が向上します。

これを定期的に出来れば毎日行う事で、

健康的な身体が出来上がります。

 

また、内臓等の循環系以外にも

運動器に影響があります。

 

慢性の肩こり、腰痛など

悩まれている方いますよね?

 

例えば肩こりについて。

肩甲骨は内側と外側から筋肉に覆われるように

出来ています。あまり動かさなかったり

逆に家事や仕事で使い過ぎて疲労が溜まったり

気がつくと肩甲骨周囲の筋肉がガチガチになり

腕が上がらなくなってしまいます。

 

筋肉が硬くなると関節の動きが悪くなります。

肩で言うと肩甲骨と鎖骨は大きな関係があり

日頃のケアだったり、意識的に肩の関節を

動かす必要があります。

 

これに対しての運動と言うと

内容が難しくなるので別記事にて。

 

しかし毎日ラジオ体操をするとします。

あれってよく肩回してますよね?

実はあれが肩こりを防ぐ運動となります。

 

いくらマッサージを受けても

鍼を打ってもらっても、電気を流しても

身体の外側にある筋肉がほぐれるだけで

内側にある筋肉に届かないのがほとんどです。

 

関節を取り巻く小さい筋肉や靭帯など

これらの動きが悪い場合はいずれ固まってしまいます。

 

当然、ケアといった意味では

定期的に整体に行く事も間違いなく必要です。

ただ人にしてもらうストレッチと

自分で行うストレッチは大きく変わります。

 

自分で行うストレッチがとても重要です。

これに関しても大切なので別記事にて

紹介致します。

 

関節が慢性的にも固まってしまうと

関節に炎症が起こり、

様々な疾患が出てくる可能性があります。

だからこそ、運動が必要になってきます。

 

f:id:boxout_31:20200621221744j:image

まとめ

かと言って"運動"と言うと

抵抗があったりするのが本音ですよね。

 

何年もしてない〜とか

全くしてない〜とか。

年齢が〜とか色々とありますよね?

 

大丈夫です。

毎日30分ウォーキング!

毎日筋トレ!

とかじゃなくていいんです。

 

運動は習慣化しないと意味がありません。

上記の運動を始めたとしてもなかなか続かないでしょう。

 

ただ簡単にでいいんですよ。

TV見ながら足上げてみる〜とか

軽く肩回してみる〜とか

間違いなく運動です。

 

足上げるだけでも心配数は上がります。

毎日ちょっとだけ、生活の中に取り入れてみて下さい。なんでもいいです。

 

それを繰り返すと自然と習慣化しているでしょう。

気づけばジムを調べたりとか、

スポーツ店に行ったりしていれば

もう勝ったと思っていいでしょう(笑)

 

また筋肉は何歳になっても再生可能です。

関節が傷んでしまうとそれに沿ったメニューが必要ですが、関節がまだ丈夫なのであれば今すぐにアクション起こしましょう!

 

とりあえず、

身体を起こす事から始めてみましょうね!

 

ミシガン州、イリノイ州の旅🇺🇸

アメリカの旅を経て🇺🇸

f:id:boxout_31:20200331030936j:image

アメリカと言えば?何を思い浮かべますか?

メジャーリーグ、バスケットボール、アメフトといったスポーツ。

ハンバーガー、ホットドッグ、ナチョスなどのフード。

ロサンゼルス、マイアミのビーチ、セドナやグランドキャニオンなどの大自然

コンプトン出身のラッパー、メンフィスの古き良き音楽。

ニューヨークの自由の女神タイムズスクエア。などなど。

f:id:boxout_31:20200331030930j:image

人によって色んな良さがあると思います。

僕は自然が大好きで休日は山か海にこもってますが、アメリカと言えばやっぱりバスケットボールです。

バスケットボールをやってきた人は誰でも一回はNBAを見たいとか好きな選手はいるものです。

f:id:boxout_31:20200331030946j:image

僕は普段は整骨院、スポーツジムに勤務しながら、バスケットボールの指導、トレーニング指導、試合の帯同を行なっています。
f:id:boxout_31:20200331031009j:image

それを知った恩師が声をかけてくれて、思い切って渡米しました。一見旅行な感じではありましたが、僕にとっては留学の様な感じでした。
f:id:boxout_31:20200331030939j:image

帰国した今、アメリカでトレーナーが出来ないかと模索しています。アメリカの場合は大学院を卒業しアスレティックトレーナーの国家試験に受からないといけません。f:id:boxout_31:20200331030959j:image

僕が知っているアメリカのアスレティック トレーナーの方々は日本に続々と帰国されています。
f:id:boxout_31:20200331031004j:image

チーム帯同のトレーナーではなくても、パーソナルトレーナーとしての生き方もあります。僕の知り合いにも日本でパーソナルジムに勤務しロサンゼルス支社へ転勤した方もいます。
f:id:boxout_31:20200331031006j:image

ですが僕はスポーツトレーナーの基本知識として医療を学んできました。アメリカに挑戦したい気待ちは深掘りするとアメリカでチーム帯同トレーナーになりたいと言うことです。
f:id:boxout_31:20200331030957j:image

何にしても難しい事は変わりません。

今後は日本でアスレティックトレーナーになる事を目標としています。Bリーグが盛り上がってきたし東京オリンピックもある。

アメリカへ行って一番感じた日本とのスポーツ価値。これから日本のスポーツ業界は上がってくるはず。トレーナーしている以上、それに貢献しないといけない義務があるはず。
f:id:boxout_31:20200331030952j:image

スポーツを通して色んな方と出会い、色んな経験を積み、さらに幅が広がるように、日本で出来る事があるはず。
f:id:boxout_31:20200331030954j:image

スポーツを通して感じる喜怒哀楽は特別なものですよね?あと一歩で全国制覇を逃した。甲子園行けなかった。といった悔しい思いや、優勝した!代表に選ばれた!といった喜び。
f:id:boxout_31:20200331030933j:image

青春時代に感じた全ての感情はきっと何年か経った今の自分の生き方に反映している事でしょう。
f:id:boxout_31:20200331030949j:image

僕の場合は喜びもありましたが、悔しさでいっぱいでした。ただ仲間と過ごした日常や、分かち合った成功は間違いなく宝物で、今でも笑いながら遊んでいるその仲間たちこそ、宝物以上に大切なものです。
f:id:boxout_31:20200331031001j:image

バスケットボールをしていなかったら、恩師や周りにいる方々に出会う事もなく、今の仕事もしていませんでした。バスケットボールは人生そのものです。決してプロ選手になりたい!それだけがバスケットで生きる道ではありません。
f:id:boxout_31:20200331030942j:image

 

色んな方々へのご縁を与えてくれたバスケット。

"バスケに感謝する"

これをテーマに今後も精進します。

 

読んで頂いた方、ありがとうございました😎

今後はトレーニングについてなど、情報を発信していきます💪🏿

 

Chicago Bulls-united center-

Chicago Bulls

f:id:boxout_31:20200331003150j:image

やっと来れました。念願のユナイテッドセンター

いつからブルズファンなのかな?

NBAを最初に見たのは小学生の頃にアレン・アイバーソンを見てからが始まりでした。

見出した頃にレブロン、カーメロ、クリスポールなど華の2003年組ですね。彼らがドラフトされた頃でした。

 

最初にどハマりして応援していたのはドウェイン・ウェイド彼も2003年組だね。

初優勝した頃のマイアミヒートのメンバー皆覚えているかな?ウェイド、シャキールオニールが主体だったけど、最近になって注目されてるジェイソン・ウィリアムス。他にもレジェンドゲイリー・ペイトンなどなど。控えもメンバーが揃っていました。ファイナル何戦目か忘れたけど、控えが大活躍した試合もあったなあと。

 

話しは大きく逸れましたが、だから昔は自然とウェイドがいるマイアミヒートを応援していました。だからどこのファン?って聞かれたらどこでもなかったんですねぇ。

 

でもある時、NBAって言えばマイケル・ジョーダンだよね?って思って。そこからブルズに惹かれていきました。

f:id:boxout_31:20200331003147j:image

有名な選手で言ったらジョーダンスコッティーピッペン、デリック・ローズ。この辺は浮かんでくるでしょう。

 

90年代は特にブルズの黄金世代。

人によってはNBAレイカーズだ!セルティックスだ!と言うかもしれないね。けど僕の場合はパッと浮かぶのはジョーダンで、ブルズだ。

 

今のNBAゴールデンステイト・ウォリアーズの時代。それを築いたのはヘッドコーチ、ティーブ・カーでしょうね。

ただあまり知られてないけど、カーもジョーダンらと一緒に何回も優勝していて、カー自身名シューターだったんだよね。

 

そしてその後にデリック・ローズ大好き人間になるとは思ってもみなかったぜぃ。

今では一番好きな選手は誰と聞かれたら、即答でローズです。
f:id:boxout_31:20200331003137j:image

試合まで時間があったからもちろんチームストアへ。bullsのニューエラをGET。
f:id:boxout_31:20200331003159j:image

この日の相手はフィニックスサンズ。だから人に少ないかな?って思ったら予想外に多い。その点ブルズはブランドなんだなぁと。f:id:boxout_31:20200331003140j:image

念願のジョーダンの銅像。前は会場の外にあったけど、フロアが改装しこの場所に。やっぱりジョーダンだよね(笑)

ジョーダンって言えばスカイウォークけど、個人的に好きなのはフォロースルー。あんな鮮やかなシュートはこの人だけでしょう。
f:id:boxout_31:20200331003215j:image

本日は急遽チケットを購入したから上の席へ

写真では遠く見えるけど肉眼では普通に試合見れた。上の席で良かったって思うのは歴代の永久欠番と見れた事かな。
f:id:boxout_31:20200331003144j:image

この時期は90年代のキャンペーン?みたいなイベントあってて音楽も90's Backstreet Boysが流れたときはテンション上がりましたね。
f:id:boxout_31:20200331003153j:image

ハーフタイムのときはまさかの"クーリオ"

gangsta paradise」生で聞きました(涙)
f:id:boxout_31:20200331003221j:image
f:id:boxout_31:20200331003204j:image

よく見てたこのベースライン。

何故か自然と写真撮ってた(笑)
f:id:boxout_31:20200331003207j:image

ここでローズがプレイしたんだなぁとか。

ローズの事が頭から離れませんでした。

彼については奥が深すぎるので

別記事で挙げようかと思います(笑)
f:id:boxout_31:20200331003218j:image

タイムアウト時に飲み物を買いに。

どこにでもジョーダンがいたよ。ジョーダン、ジョーダン、ジョーダン、ハインリック、ジョーダン。ってハインリック!!

f:id:boxout_31:20200331003212j:image

ブルズだけにレッドブルズとか言って遊んでました。ジャパニーズ。

f:id:boxout_31:20200331003210j:image
f:id:boxout_31:20200331003224j:image

試合はブルズの勝利!このシーズン勝率悪かったから運良かったかも(笑)
f:id:boxout_31:20200331003201j:image

試合終了後はこのコートを目に焼き付ける為一周。恩師がコートに入れないか、日本から来てくれたからと交渉してくれました。

でもその気持ちがとてつもなく嬉しかった。
f:id:boxout_31:20200331003142j:image

 

また来ます。ユナイテッドセンター。

Downtown of CHICAGO

Trip to chicago


昨日の午後は何してたと言うと

アウトレットに出かけておりました。

 

NIKEショップで爆買い!!初めてNIKEで袋パンパンに買い物しましたよーて。

 

日本にもアウトレットはありますが〜アメリカの普通のショップは日本のアウトレットより安いです。

 

そんな日本のショップより安い普通のショップ

それよりも安いアウトレットだから財布の紐緩みまくりでして。

 

って言っても全部お土産だよ〜って

どーしてもadidas好きが、、。

 

分かってるんだよ。うんうん。

NIKEが物凄くカッコイイ事わ。

 

どーせならウェアとシューズ合わせたいじゃ?

って事で全身adidasが多いけど。

 

エアマックスシリーズは

それぞれ味が違ってカッコイイよねぇ。

 

うん。やっぱり自分が履くより

人が履いてるいいキックスを眺めるのがいい。

 

ちなみにこのNIKEショップの中には

ミシガン大学、ミシガンステイト大学のグッズもたくさん置いてました。

本当は全部大学物を土産に買ってきたかったけども。

みんなゴメン。

 

f:id:boxout_31:20200328190005j:image
そんなこんなで朝を迎えましたよーて。朝ごはんは恩師の息子さんが作ってくれました。アメリカのブレイクファストはやっぱりイイね。


早めに出発しシカゴへ向かいました。アメリ三大都市の一つ、風の街シカゴ(windy city)

f:id:boxout_31:20200328190051j:image

初海外はここだー!って決めてたんだけどな

僕もファンであるシカゴ ブルズの本拠地。ブルズについては別記事にて。

 


ミシガン州デトロイトからイリノイ州シカゴへ。車で片道遥々5時間の移動。途中でインディアナ州を挟み、そこに時差の変更線があります。

そこを通るときはiPhoneの時計がグールグルなっとりました。グーグルだけに。

5時間と言っても高速で毎時130キロほど。

f:id:boxout_31:20200328190154j:image
f:id:boxout_31:20200328190159j:image


ミシガン州は寒すぎて外では写真撮れませんでした。

いつかカリフォルニアのロードトリップもやってみたいもんですよと。

 

f:id:boxout_31:20200328190244j:image
そんなこんなで見えてきました!!

道の途中にはシカゴカブスの本拠地など

よだれ出そうでしたよと。行かなかったけど。

 

f:id:boxout_31:20200328190316j:image

 

気づいたのがシカゴは日本車が多いって事

モーターシティであるデトロイト

アメ車!アメ車!アメリカ車!アメ車!

って感じだったけどシカゴは8割ほど日本車でした。

 

f:id:boxout_31:20200328190416j:image
シカゴのダウンタウンはそこまで広くはないけど観光地はたくさんあります。けどその日の夜のブルズvsサンズを見てデトロイトへ帰らないといけなかったため、何箇所かに絞りましたよと。寒かったし。

 


navy pier

ミシガン湖に面した観光地。夏場はここでワイワイするとか特に綺麗だと。それでも内部は人がたくさんいて賑わってました。

もうちょいしたらミシガン湖全体が凍るとの事でそれはそれで絶景なんだろなぁと。

まぁ想像したら青雉浮かんだけどね(笑)

アーイスエーイジ、、。

f:id:boxout_31:20200328190530j:image
f:id:boxout_31:20200328190546j:image
f:id:boxout_31:20200328190537j:image
f:id:boxout_31:20200328190533j:image
f:id:boxout_31:20200328190541j:image


millennium park

どっかで見た事であろう。"豆"

ここもシカゴを代表する観光地。人は多かったなぁ。

ミレニアムパークでちょいと迷子になってけどなんとか生きて生還。

f:id:boxout_31:20200328190721j:image
f:id:boxout_31:20200328190714j:image
f:id:boxout_31:20200328190710j:image
f:id:boxout_31:20200328190718j:image
f:id:boxout_31:20200328190707j:image


chicago pizza

数あるピザ屋の中でも有名なピザ屋さん(らしい)今まで食べたピザとは違い、生地が厚くチーズが濃厚過ぎてまた食べたい一品でした。

ピザは薄生地のパリパリが好きだけど、これはまた食べたい〜!訪れた際は是非ピザノズへ。オススメ。

 


f:id:boxout_31:20200328190805j:image

f:id:boxout_31:20200328190803j:image

f:id:boxout_31:20200328190800j:image




ダウンタウン散策

シカゴといえば高層ビルだよね。トランプタワーだったり蜂の巣だったり。言葉で言うより写真で見たが手っ取り早い。

シカゴシアター見つけたときはテンションあがりましたね。

シカゴシアター反対側のビル屋上のレストランはプリズンブレイクでも使われておりました。

行きたかった〜。

 

f:id:boxout_31:20200328190936j:image
f:id:boxout_31:20200328190933j:image
f:id:boxout_31:20200328190929j:image

 

 

ちなみにスパイダーマン2のクライマックスシーンで戦ってたりと本拠地でもあります。

 

f:id:boxout_31:20200328191022j:image
個人的にはなんだかんだ言っても

高層ビルに挟まれた独特なアメリカのザ・ダウンタウンな雰囲気が一番好きでした。


f:id:boxout_31:20200328191345j:image

f:id:boxout_31:20200328191348j:image

f:id:boxout_31:20200328191342j:image

f:id:boxout_31:20200328191351j:image

f:id:boxout_31:20200328191338j:image

f:id:boxout_31:20200328191335j:image




アメリカって言ったらロサンゼルス、ニューヨークですが三大都市であるシカゴまで足を運んではいかがでしょう?

日本からは直通の便もありますし、経由地として使われてますので是非!


NBA Chicago Bulls United Center

マジックジョンソンに会いました。-michigan state university-

michigan state university

昨夜は初NBA観戦ともあり、なかなか寝れず、、

シカゴファンの為、最初に見るのはきっとブルズなんだろなと思っていました。

f:id:boxout_31:20200328002854j:image

まさか自分が最初に見たNBAピストンズになるとは

ピストンズと言えば2005年。

チャウンシー・ビラップス、リチャード・ハミルトン、テイション・プリンス、

ラシード・ウォレス、ベン・ウォレス

この5人は絶対に外せないはず。

 


もっと歴史をたどればアイザイア・トーマス、デニス・ロッドマンでしょう。

先ほど述べたとおりシカゴファンの僕。。

MJことマイケル・ジョーダンも苦しめていた世代です。

にゅ

そう考えると最初に見たNBAピストンズで良かったなー!

とか思ってみたり。

 


そもそもアイザイア・トーマスはシカゴ出身だったし(たぶん)

 


と言った感じで僕のお初NBA観戦は終了しましたー!

 

f:id:boxout_31:20200328003140j:image

 

翌朝、目を覚まし恩師の息子さんを学校へ送り

この日は再びmichigan state university

 

f:id:boxout_31:20200328003206j:image
先日はゲームデイの為車も多く、人で溢れていました。

この日はゲームデイでもなく、練習も無く静かでした。

そんな日に何しに来とんねんって話ですが

Michigan State Univercityのスタッフが恩師の教え子という事で。大学内、コート、サブコート、トレーニングルーム、クリーニングルームなど案内していただきました。

 


この日の経験は、アメリカの空気を感じるよりもNBAを見るよりも特別なものを感じました。

 

f:id:boxout_31:20200328003245j:image
そもそもこのMichigan State Univercity

スポーツでも学業でもアメリカ全土の中でも優秀な大学。

 

f:id:boxout_31:20200328003409j:image
スタジアム前にはおなじみのマジック・ジョンソン銅像

 

ロビーにももちろんマジック・ジョンソン

マジック・ジョンソンと聞くとロサンゼルス・レイカーズのイメージが強いかもしれません。

マジックがいた当時とはスタジアムは新しくなったと言っていたが

このキャンパス内を歩いていたって考えると色んな感情が溢れました。

今となってはマイケル・ジョーダンより会える確率も低いはずだし

(って思っていたら後に奇跡が起こった!?)

 

f:id:boxout_31:20200328003605j:image
まずはフロントにてはじめましてミスタージェイク

もうとりあえずそのニット帽とスウェット下さい。ってな感じでした。お強いバスケットボールチーム。

 

f:id:boxout_31:20200328003639j:image
ジェイク以外にもたくさんの恩師の知り合いが迎えてくれてただひたすらに「very kind」と何回も言ってました。

そして僕もひたすら「i think so too」その言葉しか浮かびませんでした。

恩師は日本でもアメリカでもどの世界でも愛されるお方なんだなと改めて感じました。

 

f:id:boxout_31:20200328003718j:image
数日前のゲームデイにて

このコートに立つ為にどんだけ努力してきたんだろなー?なんて考えてたら

 

f:id:boxout_31:20200328003756j:image

立っちゃいました(笑)

しかも土足で(笑)

 


こんな神聖なコートに僕なんかのジャパニーズが、、

ジャパニーズでもNCAA目指して留学きた人しか立てないコートに、、

増してcollegeにも行かず、

collegeに入るためにelsにすら行ってもない

このただの一般人が、、

申し訳ない気持ちも多少ありましたが

もう欲には敵わないものなので(笑)

土足で(笑)

 

f:id:boxout_31:20200328003824j:image
せめてフォースくらい履いてれば良かったと。

keen履いてましたがトレッキング感覚かよって。

 


ただコートに立ってみると

もうただただ、すんげ〜、それだけでした。

フリースローラインに立ってみたり(笑)

やっちゃうよねそりゃ(笑)

 

f:id:boxout_31:20200328003909j:image
センターサークルはどこだよって感じでしたが(笑)

 

 

 

大学と言ってもチケットが必要だし

このスタジアムが埋まるのが凄いよね。

 


実際の規模で体育館によっては日本のBリーグよりも大きいと思うし、スポーツ大国ってこーゆー事かと。

 


大学と言ってもしっかりエンターテイメントとした仕組みが凄いと感じました。

 

f:id:boxout_31:20200328003952j:image

 

その後は内部の視察へ

 


内部と言っても一切の妥協がなく

当然ここからは関係者しか入れないが

隅々まで通してくれた。

f:id:boxout_31:20200328004019j:image


中でもトレーナールーム、トレーニングルームはとてつもなく感動した。自分の仕事だから。

 

f:id:boxout_31:20200328004144j:image


f:id:boxout_31:20200328004224j:image

f:id:boxout_31:20200328004229j:image

f:id:boxout_31:20200328004215j:image

f:id:boxout_31:20200328004219j:image

f:id:boxout_31:20200328004221j:image



柔道整復師を基礎知識として

トレーナーをやっている僕として

理想の形がそこにはありました。

 

中には見たことない機械やマシンなど

その点でも凄いなと。

 


日本でトレーナーと言うと

理学療法士鍼灸師柔道整復師など

スポーツトレーナーになりたい!

と言って資格を取りに行く。

 


病院、クリニック、

柔整に関しては整骨院

休日にトレーナーに行くのがほとんど。

 


大学の人にかっこつけて言ってみた。

「It's my job」

するとアスレチックトレーナー?と聞かれた。

 


アメリカでこの様な職に着くのは

アスレチックトレーナーだったり。

違うのは国家資格というところ。

 


BOCの試験を受ける日本人も少なくないが

ビザの関係で帰国する人がほとんど。

 


ここ最近ラグビー日本代表により

アスレチックトレーナーの知名度は上がってきた。

 


たまにプロチームの求人が出るが

理学療法士柔道整復師が必須で、

アスレチックトレーナーがあれば望ましい。と。

 

数名、日本人のBOC認定のATの方には

会った事がある。

 


パーソナルジムや講演会で

活躍されているとのこと。

 

 

東京オリンピック

日本のトレーナー業界が変わるように。

皆がそれぞれ得意分野で力が発揮出来ますように。

 

 

 

そんな事を強く感じた一日でした。

そして新たな目標が出来た瞬間でした、、。

 

f:id:boxout_31:20200328004423j:image

 

ってな感じでホームに帰り

チームのインスタを見てみるとなんと!!!

f:id:boxout_31:20200328004625j:image

その数時間後にマジックが!!!

夕方の男子の練習にOBとしてマジック・ジョンソンが来ていたと!!

 


マジックとニヤミス。

これには恩師も驚きでした。

会いたかったな。マジック。。

 


→trip to chicago

NBA Detroit Pistons

f:id:boxout_31:20191129002942j:image

NBAを見始めたのは小さい頃

"アイバーソンかっこいい"

それが最初でした

 

それからずーっと

NBAなんてTVと雑誌の世界

本当に見にくる日がくるなんて


f:id:boxout_31:20191129002939j:image

リトルシーザーズアリーナ

2017年から新アリーナとなったここが

僕の初NBAの場所になったf:id:boxout_31:20191129002952j:image

セキュリティは外にゲートがあり

一眼レフは不可、GoProは持ち込み大丈夫
f:id:boxout_31:20191129002923j:image

ピストンズのレジェンド

アイザイアトーマスがいっぱいいた印象が
f:id:boxout_31:20191129002920j:image

そして勿論ロッドマンも

ブルズの印象が強いけど

リバウンダー伝説はここから
f:id:boxout_31:20191129002918j:image
f:id:boxout_31:20191129002948j:image

優勝経験だってある

特にビラップスがいた頃のピストンズ

その頃を知っている人凄さが分かるはず
f:id:boxout_31:20191129002954j:image

ビラップス、B・ウォレス、R・ウォレス、

プリンス、ハミルトン

文句無しにこの面子でしょうね(笑)
f:id:boxout_31:20191129002930j:image

今KINGとして君臨しているレブロン

昨シーズン引退したウェイド、

みんな大好きクリス・ポール、メロなど

所謂華の2003何組はドラフト入りしたシーズン
f:id:boxout_31:20191129002937j:image

その頃はまた別のアリーナだったけど

何かあの時のことを思い出したり

f:id:boxout_31:20191129002933j:image

ゲートを通る瞬間は今でも鮮明に覚えている

10年以上の夢が叶う瞬間だったから。

 

当然ハイライトなんかで映るのは

一部に過ぎない

実際生で見たNBAは基礎の固まりでした

 

結果 対クリーブランド キャバリアーズ

ピストンズの勝利

両手が震えていました。


f:id:boxout_31:20191129002925j:image

 

NEXT→ michigan state university