BOXOUT-31’s

S&Cコーチ 柔道整復師

マジックジョンソンに会いました。-michigan state university-

michigan state university

昨夜は初NBA観戦ともあり、なかなか寝れず、、

シカゴファンの為、最初に見るのはきっとブルズなんだろなと思っていました。

f:id:boxout_31:20200328002854j:image

まさか自分が最初に見たNBAピストンズになるとは

ピストンズと言えば2005年。

チャウンシー・ビラップス、リチャード・ハミルトン、テイション・プリンス、

ラシード・ウォレス、ベン・ウォレス

この5人は絶対に外せないはず。

 


もっと歴史をたどればアイザイア・トーマス、デニス・ロッドマンでしょう。

先ほど述べたとおりシカゴファンの僕。。

MJことマイケル・ジョーダンも苦しめていた世代です。

にゅ

そう考えると最初に見たNBAピストンズで良かったなー!

とか思ってみたり。

 


そもそもアイザイア・トーマスはシカゴ出身だったし(たぶん)

 


と言った感じで僕のお初NBA観戦は終了しましたー!

 

f:id:boxout_31:20200328003140j:image

 

翌朝、目を覚まし恩師の息子さんを学校へ送り

この日は再びmichigan state university

 

f:id:boxout_31:20200328003206j:image
先日はゲームデイの為車も多く、人で溢れていました。

この日はゲームデイでもなく、練習も無く静かでした。

そんな日に何しに来とんねんって話ですが

Michigan State Univercityのスタッフが恩師の教え子という事で。大学内、コート、サブコート、トレーニングルーム、クリーニングルームなど案内していただきました。

 


この日の経験は、アメリカの空気を感じるよりもNBAを見るよりも特別なものを感じました。

 

f:id:boxout_31:20200328003245j:image
そもそもこのMichigan State Univercity

スポーツでも学業でもアメリカ全土の中でも優秀な大学。

 

f:id:boxout_31:20200328003409j:image
スタジアム前にはおなじみのマジック・ジョンソン銅像

 

ロビーにももちろんマジック・ジョンソン

マジック・ジョンソンと聞くとロサンゼルス・レイカーズのイメージが強いかもしれません。

マジックがいた当時とはスタジアムは新しくなったと言っていたが

このキャンパス内を歩いていたって考えると色んな感情が溢れました。

今となってはマイケル・ジョーダンより会える確率も低いはずだし

(って思っていたら後に奇跡が起こった!?)

 

f:id:boxout_31:20200328003605j:image
まずはフロントにてはじめましてミスタージェイク

もうとりあえずそのニット帽とスウェット下さい。ってな感じでした。お強いバスケットボールチーム。

 

f:id:boxout_31:20200328003639j:image
ジェイク以外にもたくさんの恩師の知り合いが迎えてくれてただひたすらに「very kind」と何回も言ってました。

そして僕もひたすら「i think so too」その言葉しか浮かびませんでした。

恩師は日本でもアメリカでもどの世界でも愛されるお方なんだなと改めて感じました。

 

f:id:boxout_31:20200328003718j:image
数日前のゲームデイにて

このコートに立つ為にどんだけ努力してきたんだろなー?なんて考えてたら

 

f:id:boxout_31:20200328003756j:image

立っちゃいました(笑)

しかも土足で(笑)

 


こんな神聖なコートに僕なんかのジャパニーズが、、

ジャパニーズでもNCAA目指して留学きた人しか立てないコートに、、

増してcollegeにも行かず、

collegeに入るためにelsにすら行ってもない

このただの一般人が、、

申し訳ない気持ちも多少ありましたが

もう欲には敵わないものなので(笑)

土足で(笑)

 

f:id:boxout_31:20200328003824j:image
せめてフォースくらい履いてれば良かったと。

keen履いてましたがトレッキング感覚かよって。

 


ただコートに立ってみると

もうただただ、すんげ〜、それだけでした。

フリースローラインに立ってみたり(笑)

やっちゃうよねそりゃ(笑)

 

f:id:boxout_31:20200328003909j:image
センターサークルはどこだよって感じでしたが(笑)

 

 

 

大学と言ってもチケットが必要だし

このスタジアムが埋まるのが凄いよね。

 


実際の規模で体育館によっては日本のBリーグよりも大きいと思うし、スポーツ大国ってこーゆー事かと。

 


大学と言ってもしっかりエンターテイメントとした仕組みが凄いと感じました。

 

f:id:boxout_31:20200328003952j:image

 

その後は内部の視察へ

 


内部と言っても一切の妥協がなく

当然ここからは関係者しか入れないが

隅々まで通してくれた。

f:id:boxout_31:20200328004019j:image


中でもトレーナールーム、トレーニングルームはとてつもなく感動した。自分の仕事だから。

 

f:id:boxout_31:20200328004144j:image


f:id:boxout_31:20200328004224j:image

f:id:boxout_31:20200328004229j:image

f:id:boxout_31:20200328004215j:image

f:id:boxout_31:20200328004219j:image

f:id:boxout_31:20200328004221j:image



柔道整復師を基礎知識として

トレーナーをやっている僕として

理想の形がそこにはありました。

 

中には見たことない機械やマシンなど

その点でも凄いなと。

 


日本でトレーナーと言うと

理学療法士鍼灸師柔道整復師など

スポーツトレーナーになりたい!

と言って資格を取りに行く。

 


病院、クリニック、

柔整に関しては整骨院

休日にトレーナーに行くのがほとんど。

 


大学の人にかっこつけて言ってみた。

「It's my job」

するとアスレチックトレーナー?と聞かれた。

 


アメリカでこの様な職に着くのは

アスレチックトレーナーだったり。

違うのは国家資格というところ。

 


BOCの試験を受ける日本人も少なくないが

ビザの関係で帰国する人がほとんど。

 


ここ最近ラグビー日本代表により

アスレチックトレーナーの知名度は上がってきた。

 


たまにプロチームの求人が出るが

理学療法士柔道整復師が必須で、

アスレチックトレーナーがあれば望ましい。と。

 

数名、日本人のBOC認定のATの方には

会った事がある。

 


パーソナルジムや講演会で

活躍されているとのこと。

 

 

東京オリンピック

日本のトレーナー業界が変わるように。

皆がそれぞれ得意分野で力が発揮出来ますように。

 

 

 

そんな事を強く感じた一日でした。

そして新たな目標が出来た瞬間でした、、。

 

f:id:boxout_31:20200328004423j:image

 

ってな感じでホームに帰り

チームのインスタを見てみるとなんと!!!

f:id:boxout_31:20200328004625j:image

その数時間後にマジックが!!!

夕方の男子の練習にOBとしてマジック・ジョンソンが来ていたと!!

 


マジックとニヤミス。

これには恩師も驚きでした。

会いたかったな。マジック。。

 


→trip to chicago